安島のひとことCOLUMN

ダブルスタンダードの是非

おはようございます。

その会社はKibbutz(キブツ)が所有していました。

その会社は、電気バイクを製造しているメーカーです。

Kibbutz(キブツ)は集産的協同組合と訳されています。
ロシア帝政を逃れてきたユダヤ人がイスラエルにつくった共同体です。
あらゆるものを共有する共同体が原点だそうです。

そうした協同組合が株式会社を100%所有して電気バイクをつくっています。
そして、イスラエルでNO.1シェアの地位を確立していることに
不思議な感覚を覚えました。

この感覚はどこから来るのかと考えてみました。

株式会社は、選択と集中、経営資源の傾斜配分など影と日向をつくり、
それを梃にして価値を生み出します。

一方で、協同組合は資産を平等に共有し、
それを梃にして価値を生み出します。

相反する価値観を共存させていることが
不思議な感覚を覚える所以です。

相反する価値観を混在させることをどう考えるかです。

ダブルスタンダードは矛盾してると排除するか、
矛盾を抱えることは人間らしいことで知恵であるとするか。

最近の私は、後者に親近感を覚えています。

それでは、今日もよろしくお願いします。

安島

感想を送る

企業情報

CDIメディカルは、国内初の独立系経営戦略コンサルティングファームであるコーポレイトディレクションが設立した、メディカル・ヘルスケアに特化した経営戦略コンサルティングファームです。 業界に関する専門的知見と、国内外医療関係者との密接なリレーションシップを基盤として、企業や医療機関の経営課題を解決すべく様々なサービスを提供しています。

企業情報