安島のひとことCOLUMN

善の研究

おはようございます。

100分de名著では西田幾多郎の「善の研究」を取り上げています。

私はこれまで何度も気になり手に取りながら、
難しくて一度も読んだとは言えない本です。

その中で純粋経験という言葉がありました。

湖畔で本を読んでいるとします。
ふいに何かが水に落ちる「バシャッ」という音がします。
その瞬間、私は「んっ?!」とそちらを見ます。
この言語化される前の瞬間が純粋経験です。

そこから「鳥」「着水」「波紋」という客観的な客体が現れます。
と同時に、それらを見て「鳥が湖面に降りたのだな」と感じる
主観的な主体が現れます。

この客体も主体もない、ある意味主客が合一された状態を
純粋経験と呼び、西田幾多郎の哲学の出発点になるのだそうです。

レベルはだいぶ落ちますが、
私も「んっ?!」と感じたことは淡雪のように消えてしまうので
とても大切にするようになりました。

「んっ?!」と感じたことは、
心の中を丁寧探るようにしないと
すぐに無意識の世界に逃げてしまいます。

やっと「善の研究」を読めるかもしれないと思いました。

今日もよろしくお願いします。

安島

感想を送る

企業情報

CDIメディカルは、国内初の独立系経営戦略コンサルティングファームであるコーポレイトディレクションが設立した、メディカル・ヘルスケアに特化した経営戦略コンサルティングファームです。 業界に関する専門的知見と、国内外医療関係者との密接なリレーションシップを基盤として、企業や医療機関の経営課題を解決すべく様々なサービスを提供しています。

企業情報